フランス紅茶を片手に・・・


f0074082_8534659.jpg『 出版をするということは、
  人生が変わるということです・・・』

ある編集長さんに言われたひとこと。
それを聞いたとき、いま流れている
空気感だけは、変わらないように、
大切にしようと心の中で思いました。

なので、それほど大きく何かが変化したということは、
ありません。 何か変わったことといえば、
隠れ家サロンでありたいという思いから、
10年間ずっとお断りしてきたメディアなどの
仕事が入るようになったことでしょうか。

新聞や雑誌などの取材は、初めてのことばかりで
ドキドキの連続です。
テーブルコーディネートやお菓子の撮影は
新鮮で楽しいのですが、写真を撮られることは苦手。
『サロンマダムになりませんか?』 の著者撮影のときも
よく裏表紙にあるような、アップの写真だけはちょっと・・・
と、紅茶をいただいている写真をお願いしました。

ましてやインタビューとなると、もうドキドキ。
取材をするかたは、テンポの速いかたが多いので、
上手くキャッチボールを返せないことも・・・。
はじめて紅茶セミナーの代理先生を頼まれ、
家族が寝たあと、必死にレクチャーの練習?を
していた時代を思い出しました。

セミナー会場に着くと、想像していた以上に大きな空間、
そこには沢山の人がいらっしゃいました。
声が震えちゃうだろうな・・・
言うこと忘れちゃったらどうしよう・・・
こんな緊張を和らげるには、アロマの強いフランス紅茶が
おすすめ・・・気分をおちつかせてくれます。

「 こんなに美味しい紅茶は初めて!
        おかわりをいただいてもよろしい? 」
品のよいマダムのこのひとことが、
そんな張り詰めた空気を一変させてくれたのです。
どのテーブルも、とても和やかな雰囲気に。

あぁ、紅茶っていいな~ ♪
いまとなっては、思い出に残る紅茶風景になっています。

~ 穏やかな時間を過ごしたいときの一杯の紅茶 ~
        QuatreFruitsRouges   
f0074082_8542213.gif


☆ *  Today's ランキング  * ☆

[PR]
by salon-madam | 2006-05-17 08:52 | エルミタージュ
<< サロンマダムというお仕事 ダージリン・フェスティバル20... >>