紅茶とアンティーク・・・

f0074082_1534163.jpg


ゴールデンウィークがはじまりましたね。
お天気に恵まれ、五月晴れの気持ちのよい日
生徒さんと一緒に、東京プリンスに出かけました。

昨年のペネロップ展の際、お隣の建物で
とっても気になっていたフェアがありました。

THE JAPANTIQUE

ロムドシンさんなんかの出展を拝見しても、
ほかのアンティークフェアとはちょっと趣きの違う、
格の高さがうかがえます。

紅茶を勉強するまえまでは、
あまりアンティークに興味がありませんでした。
何となくコワイ感じ・・・ってわかりますか?

でも、イギリス留学中は勉強のために
時間のゆるすかぎり、アンティークを見て歩きました。
物に魅かれる・・・というよりも、その背景に魅かれ
だんだんとその価値を理解するようになりました。

でもその頃は留学生の身。
ちょっとした小物くらいしか手に入れることは
できなくて、それでもどんなに嬉しかったことか。

その後ポンドが強くなるたびに、
~あのとき、もっと買っておけばよかった~
なんて思いますが、アンティークは出会いです。
その出会いを求めて、またイギリスに行ってみよう!と
毎年出かける楽しさもあります。

今回も出会いがありました。
マイセンのティーボウルは泣く泣く諦めたけれど、
KPM、ヘレンド、そしてティースプーン。

時代を超えて巡りあった物との出会いも大切ですが、
それ以上に嬉しかったのは、人との出会い。
これこそ最高の宝物だと思っています。


☆ *  Today's ランキングは?  * ☆

[PR]
by salon-madam | 2006-05-07 15:16 | ティーブレイク
<< ダージリン・フェスティバル20... 憧れの自宅教室を開く >>