イースターのお菓子


f0074082_9223417.jpg4月16日はイースターサンデー。
イースターはキリストの復活を祝う
復活祭のことです。


毎年カレンダーによって日にちが変わる移動祝日・・・
そのせいもあって、日本ではなかなか定着しませんが、
ヨーロッパでは、クリスマスと並んで、そして
宗派によっては、クリスマス以上に大切な宗教行事です。

イースターの愉しみを知ったのも紅茶留学中。
2度目のステイ先となる、エレナさんのお宅に
はじめて伺ったのが3月・・・
まだまだ寒く、真冬のような日が続きましたが、
エレナさんはティータイムになると
イースターのお菓子を焼いてくれたのです。

次から次へと出てくる、可愛らしいお菓子たち。
私のイースター好きは、このときからはじまりました。

それまで、テーブルコーディネートの授業などで
いくら勉強してもイメージが湧かなかった
イースターの文化 ・・・
生活の中で様々な習慣を体験するということが
いかに大切かを実感しました。

そのうち、ヒヤシンスやスイセンなどのお花が咲きはじめ、
街中がイースターカラーに染まっていきました。
冬の寒さが厳しいイギリスの方々にとっては、
もしかしたら、春を待ちわびて・・・という意味が
大きいのかもしれません。

そうそう、イギリスではイースターホリデーといって、
Good Fridayの金曜日から4連休!
気候もよくなるこの時期、教会へ行くよりも、
旅行に出かけてしまう人のほうが多いんです。

他の国のイースターはどうなのかしら?
私のたまご巡りの旅は、こうしてスタートしました。


☆ *  Today's ランキング  * ☆

[PR]
by salon-madam | 2006-04-14 08:59 | 紅茶留学
<<  さくらさくらのTeaPart... お気に入り、スポード >>