日本紅茶協会


『 先生はどのような資格をお持ちなのですか? 』

はじめてサロンにいらっしゃる方の中には、
自分でも教室を開きたいと資格を取ったかたや、
教室の開設準備のために偵察?にいらっしゃるかた、
様々な目的をもったかたが出入りをします。

長く続けていると、初対面の雰囲気で
察知できてしまうから不思議。
ほかのかたとは、ちょっと目線が違うんです。
そういう方から必ず切り出されるのは、
まずこの質問から・・・やっぱりきたな、と。

私の場合、代理の先生をしたことで、
はじめに生徒になりたい!
と言ってくれるかたが出てきました。
~成功するサロネーゼ~
なんて呼ばれる人は、これをチャンスと捉え
すぐにでも先生になれちゃうんだろうケド、
そんなに甘い世界ではないってことは、

大手小町に言われなくってもわかっていました。

1を教えようと思ったときに、
2や3の知識しか備えていなかったら・・・?
先生とは呼んでもらえないと思ったのです。

本格的に勉強しようと考えたとき、
いきなり飛躍して紅茶留学に走ったわけではなく、
はじめは日本で資格を取得しようと思いました。

考えたのは、紅茶好きなら誰でも知っている
日本紅茶協会のティーインストラクターの資格。
資料が届くまでの間のわくわくした気持ち・・・
いまでもよく覚えています。
[PR]
by salon-madam | 2006-03-25 14:33 | 紅茶留学
<< ティーインストラクター 本を出版したいなら・・・ >>