「ほっ」と。キャンペーン

紅茶漬け


 f0074082_1561184.jpgイベントの紅茶代理先生。
 結局、他の誰も見つからないという理由で
 なかば強引に?この大役を
 引き受けることになってしまいました。

 この頃は紅茶ブームとはいえ、
 まだまだ紅茶教室自体の数が少なく、
 都内にも自宅で行っている教室は
 探すことができなかったらしいのです。
    
 聞けば、そのイベントというのは
 様々なカルチャーセミナーや教室を
 主宰している先生方の
 いわば文化発表会?
 今でいうワークショップコラボ?

 とにかく正真正銘のサロンマダムたちの
 気合いの入った年中行事といったところ。

 その日から紅茶漬けの日々がはじまりました。
 打ち合わせを終えると、その足で紀伊國屋にダッシュ!!
 まずは、棚に並んでいる紅茶本を全て買って帰りました。
 家に帰り、紅茶教室のテキストも引っ張りだします。

 う~ん、困った…。

 改めてテキストを見てみると、記憶の中には
 知識が何も入っていないという事実が目の当たりに。
 
 『 紅茶が好きっ 』

 と言っても、それは紅茶が醸しだす雰囲気、
 イギリス的なトラディショナルな・・・
 それでいて何となくノーブルな・・・
 要はあのイメージが好き!なだけであって、
 歴史とか茶葉の種類とか背景とか、
 そういうものは二の次だったわけです。

 これは他の習い事にしても共通していました。
 ただ単にお稽古に行くことが楽しい。
 いろんなものを学んで吸収しているつもりに
 なっていただけなのかもしれない。
 あの、お稽古三昧の日々はいったい…

 後悔ばかりしたって仕方がない。
 いまからでも勉強しまくるしかない! 
 朝から晩まで何杯もの紅茶を飲み、
 紅茶と名のつく本は全て読み尽くし、
 日本の書籍にないものは海外まで問合せをしました。

 気分はまるで受験生、
 いえ、受験のときよりも熱心に勉強したかもしれません(笑)






..... Ads by Excite .....
[PR]
by salon-madam | 2010-09-07 16:48 | サロンマダムへの道
<< 紅茶の代理先生 紅茶の先生になりますか? >>